ちゅらすま!南国LOVEブログ

オフロード車ってなに?SUV・クロカン・4WDについて解説

オフロード車

みなさんは、オフロード車についてご存じですか?キャンプやアウトドアが大好き!という方の中には、オフロード車の購入を考えている人もいるかと思います。街乗りだけでなく、険しい道を乗り越えてゆく車はかっこいいですよね。この記事では、オフロード車を探すときによく聞く「SUV・クロカン・4WD」の3つの言葉について解説します。

オフロード車ってなに?

まずは、オフロード車について説明します。オフロード(off road)とは字の通り、舗装されていない道路以外の道を走ること、あるいは道そのもののことをいいます。普通の車で、険しい森の中や岩場を移動するのは難しいですよね。しかし、悪路に対応したオフロード車であれば走行することができます。次に、オフロードに車によく使われる用語を紹介します。

オフロード車の用語

SUV

SUVとは、「Sports Utility Vehicle(スポーツ・ユーティリティ・ビークル)」の頭文字をとったもので、直訳すると「スポーツ用の多目的車」という意味になります。実は、SUVに明確な定義はないのですが、基本的に以下のような機能を搭載しています。

・悪路に対して踏破性能がある
・最低地上高(ロードクリアランス)が高い
・荷室が大きく比較的荷物を載せられる

以上のことから、キャンプやスポーツなどのアウトドアに適した車です。

クロカン

クロカンとは、「Cross-country(クロスカントリー)」の略です。クロスカントリーという言葉自体は、「森の中や雪原などの悪路を走行する競技」のことを指します。クロスカントリースキーやクロスカントリー競走など、見たことがある人もいるかもしれません。車のことをいう場合は、SUVと同じく、街乗りだけではなくてオフロード走行を得意としている種類の車を指します。
SUVと違う点としては、「ラダーフレーム」という構造を採用していることが多い、ということです。ねじれに強い頑丈な構造で、実際に軍事用車両でも使われています。ただし、その分車体重量が重く、乗り心地があまり良くないという注意点があります。街乗りをメインで利用したいという場合は、クロカンよりもSUVの方が向いているかもしれません。

4WD

赤色の車
4WDとは、「four-wheel drive」の頭文字をとったもので、日本語では四輪駆動といいます。車の駆動方式は、4WD(四輪駆動)と2WD(二輪駆動)に分かれています。この名前の通り、タイヤ4本すべてが動くのが4WD、前輪もしくは後輪のタイヤ2本だけが動くのが2WDです。
悪路を走行するときは、どこかのタイヤが空転してしまうことがあります。そんな時、4WDであればすべてのタイヤが動いているので、カバーすることができます。そのため、安定した走りでオフロード走行も可能なんです。オフロード車の多くは4WDを採用しています。

まとめ

オフロード車についてわかりましたか?見た目や機能性など、自分に合った車を探しましょう!頭金なしでオフロード車を手に入れたいという場合は、カーリースがおすすめです。ピタクル(https://pitacle.com/estimate?modelNameEng=HUSTLER)では、ハスラーやジムニーなどのオフロードに適した人気の車を手にすることができます。どんな車があるのか、ぜひのぞいてみてください。

この記事はに更新しました。

2019年の年末年始は9連休になる企業が多いです。年末年始の休暇を利用して、海外旅行へ行く女子も多いのではありませんか?日本は寒いですが、シンガポールやマレーシア、フィリピンなどの東南アジアに行けば、冬とは思えない温かさの中で新年を迎えることもできます。特にシンガポールは、直行便で7時間と、ヨーロッパなどに比べると比較的日本に近く、また、治安も良いためはじめての海外旅行にもぴったりです。

もう12月も半ばを過ぎていますから、年末に出発すると考えると準備のラストスパートといったところでしょう。しかしながら、はじめて海外に行く女子の中には「何を持って行ったらいいか分からない」と考えている方も多いのでは?

はじめての海外旅行、せっかくなら充実した毎日を過ごしたいですよね。そこで、女子旅必携アイテムをご紹介します!なお、「海外」と言っても範囲が広いため、今回は東南アジアへの旅行を想定したアイテムに限定します。

1.折りたたみ傘

東南アジアは赤道直下の国が多く、高温多湿である国がほとんどです。乾季と雨季が分かれていますが、乾季だからと言って雨が降らないわけではありません。むしろ、スコールと呼ばれる突然の大雨に見舞われる可能性があります。国によって乾季・雨季の時期は変わりますが、東南アジアに行くのであれば一本は折り畳み傘を持っておきましょう。

しかしながら、乾季と雨季が分かれていない地域もあります。代表的な地域がフィリピンのセブ島です。年間を通して観光に適しています。それでもやはりスコールはありますので「セブに行くから傘は要らないよね」ということはありません。ビーチに行く予定がある方は、大きめのタオルを多めに持っておくと、突然のスコールにも慌てずに済みます。

2.薄手の上着やショールなど防寒具

東南アジアは一年を通して温暖な気候です。高温多湿で、外は蒸し暑いくらいに感じるでしょう。そのため忘れてしまいがちなのが、室内で使う防寒具です。たとえば、シンガポールでは、ホテルをはじめ多くの施設でエアコンが強めに設定されています。そのため、外気温との差から体調を崩してしまう観光客もいるそうです。最後まで楽しく海外旅行を楽しむためには、防寒具をお忘れなく。

3.会話帳

旅行先でよく使うフレーズが掲載された会話帳は、まさに必携と言えます。ホテルなどでは英語が通じることがほとんどですが、町の人の中には現地の言葉しか分からない人もいます。マーケットで買い物をする時にも便利です。買い物の際にお釣りをごまかされることもありますから、そのようなトラブルの際にも使えるフレーズが掲載されているものであればなお良いでしょう。

4.スーツケース

何かと荷物が多くなりがちな女子旅には必須です。近年は軽量タイプのスーツケースも多く販売されており、こちらのような専門通販ショップであれば選択肢の幅が広がります。注意してほしいのは、軽量タイプだからと言ってあれもこれも詰めすぎないことです。荷物を入れても無理なく持ち上げられる程度にしておきましょう。

5.小銭入れ

ほとんどのアジアの国は、日本よりも治安が悪いです。そのため、大きな長財布を持っていたらスリの格好の的です。せっかくの旅行の思い出を台無しにしないためにも、旅行へ行くときは大きな長財布ではなく小さめの小銭入れを複数持つようにしましょう。万が一1つをすられても旅行を続行できるよう、分散させることがポイントです。もちろん、治安の悪い道を歩かないなどの自衛も重要ですよ!

女子旅はただでさえ荷物が多くなりがち。それに海外に行くことになれば必要なものは多岐に及びます。必要なものとそうでないものの取捨選択をして、快適な旅行をしましょう。

pixta_30898514_Sグランピングとは何か知っていますか?海外で発祥した新しいアウトドアで、近年日本でも流行しています。グランピングとはグラマラス(魅力的な、華やかな)とキャンピングを掛け合わせた造語になり、普通のキャンプとは違った雰囲気を味わえる新しいキャンプのスタイルです。

夏のイベントといえばキャンプが人気ですよね。キャンプといえば、アウトドア用品を一式用意して、皆で外のキャンプ場でテントを設営してBBQやカレーを作ったり、焚火をしてわいわいやるものを連想するかと思います。野宿せずに日帰りで楽しむデイキャンプなんかもありますよね。グランピングは外で楽しむ点は同じなのですが、高級ホテル並みのサービスを受けつつ、自然の中で優雅な時間を過ごすことができます。(施設によって違いはあります。)テントやコテージの中には、ベッドやソファ、テーブルなどがあるのでゆっくりくつろげますし、宿泊できるタイプの場合、宿泊施設内に冷暖房、トイレやお風呂なども完備されているところもあります。食事もグランピングのサービスの中に含まれているので、キャンプのように自分たちで買い出しに出なくても、シェフに料理を作ってもらうこともできます。

夏のキャンプは、外で行う分食材も傷みやすく、食中毒には十分気を付けなければなりませんし、脱水症状や害虫への対策をしなければなりませんが、グランピングなら自然の中でありながら屋内で楽しめるので、夏の暑い日も快適に楽しめます。夜には涼しくなってくるので、屋外で幻想的な夜の星空も楽しめます。

ちなみに、私が行ってみて良かったと思ったのは、宮崎の人気観光地「青島」にある「コーストライフ」というグランピング施設です。美しいオーシャンビューを満喫しながら、オイスターマイスターの資格を持つ牡蠣料理のスペシャリストが作るリゾットは最高でした。国内外問わず数々のグランピング施設を特集しているこのサイトで見つけたので、ぜひ皆さんも参考にしてみてください。宿泊はできませんでしたが、贅沢なBBQを堪能できたので満足です。

pixta_29244835_S合宿免許は学生を中心に人気です。時間に融通が利きやすい学生の内に短期間で車の免許が取得できるため、就職活動前に駆け込みで合宿免許に申し込むという方も多いほどです。教習所で取ったという方はよく分かると思うのですが、込み合ってなかなか実習の予約が取れないため短くても1か月以上は掛かってしまうのが普通ですよね。3ヵ月や半年なんて言う方もざらです。合宿免許ならあらかじめ予約で実習時間が確保されているのでなかなか予約が取れないなんてことはありません。授業を密集して行えるため最短で2週間程度で運転免許の取得が可能です。

合宿免許というのは日本各地で行っていて、お金さえ払えばどこでだって免許を取得することは可能です。居住地と同じ都道府県で受ける方だってたくさんいます。ただ、せっかくならばいっしょに旅行やバカンスを兼ねて取れたらいいと思いませんか?合宿免許なら沖縄の教習所で免許をとることだってできるのです。

沖縄の教習所はそのような考えの方が多く来るようで、自転車を貸してくれたり観光スポットを案内してくれたりなどのサービスが普通にあったりします。教習所側も沖縄というリゾートの立地を生かしているようですね。だって普通に考えてもったいないですよ。合宿免許には宿泊費用も含まれているのですから。だいたい「教習費・宿泊費・食事代・保険代」コミコミで30万円位が相場です。これって実は教習所に通いで免許を取るのと同じ金額なんですよね。食事付きで旅行できるって考えたら合宿免許のお得なことと言ったら。ならば最南端の沖縄を目指すしかないでしょう!

沖縄の教習所で免許を取るということは、教習者に乗っている時間すらもドライブになります。青い海、青い空、見ている余裕などないかもしれませんが、沖縄はそんなに交通量も多くなくごちゃごちゃしてない道なので楽しめると思いますよ。休日には観光地を巡ればいいですし、同じリゾート気分で来ている人は多いでしょうから友達も増えるかもしれません。「リゾラバ」なんて言葉が昔ありましたが、出会いの場になることも結構あるみたいですね。

いかがでしょうか?沖縄で合宿免許をする魅力が少しは伝わりましたか?ぜひいってみてください。

Palm trees on the sandy beach in Hawaiiゴールデンウィークや年末年始の連休等、長期の休みを使って海外旅行に行く人が毎年テレビでも取り上げられるほど、大勢います。この大型連休を使えば、海外でも思う存分旅行を楽しむことができます。しかし、このような期間を使って旅行に行きたいと考える人は、全国的に見ても大勢いるので、その分、早めに旅行の予約をしておかないと全て満席で予約が取れないという状態になってしまいます。また、このハイシーズンは仮に予約が取れたとしても、航空券やホテルの金額が普段よりもはるかに高いです。そこで、こちらではそんな期間でも航空券を安く手に入れる技をお教えします。

格安航空券を手に入れる方法は主に4つあります。それは、「格安航空券サイト」「LCC」「海外発券」「マイレージ」を利用することです。

今や、格安航空券のサイトが多数存在します。サイトによっても販売している航空券の金額はバラバラなので、上手に安いところを探すと良いです。大手格安航空券よりも安く購入できる場合がありますのでぜひチェックしてみてください。

LCCは格安航空会社のこと。最近、こういった航空会社も増えています。LCCの場合は中古等で安く調達した機体を利用し、機内食は基本出さず、飲み物も食べ物も機内で販売する形にしてできるだけコストを抑え、安く利用できるようにしています。金銭的にあまり負担をかけずに海外に旅行したい人にはおすすめです。

海外発券は日本発着ではなく、海外発の便の航空券を購入することです。例えば、ソウルまでLCCを利用し、ソウル発着の航空券を別途購入するというものです。物価的にも距離的にも、日本発着の便に比べ、トータル的に安い場合があります。海外発券はインターネットで購入することができるので一度見てみるといいかもしれません。

航空会社が実施しているマイレージも航空券を安く購入する1つの手です。クレジットカードを使ってショッピングをすることで、効率よくマイルを貯めることができます。マイルが貯まりやすいカードもあるので、そういったカードを利用すると、大型連休に格安航空券を購入したい時に役に立ちます。

この4つの方法を駆使すれば、ハイシーズンといわれる大型連休でもお得に航空券を手に入れて海外旅行を楽しむことが可能です。ただ、航空券を予約するには、どの方法でも大型連休が始まるもっと前から早めに行わないと手に入らないので、そこは注意しましょう。

夏になると行きたくなるのがキャニオニングというアクティビティですがご存知でしょうか?簡単に言うと大人の川遊びです。

川を上流から下り、その過程で滝壺にダイブしたり、滝を据えり落ちたりして川との一体感を味わいながら楽しむアクティビティになります。基本的に川がある場所なら自分でもできてしまうアクティビティになりますが、あんまり遠すぎたり秘境過ぎるとちょっと行くだけで大変でしょうね。そこで、オススメは奥多摩で楽しむキャニオニングになります。キャニオニング好きな人には有名ですが、奥多摩のキャニオニングは東京都内とは思えない素晴らしい景色の中でキャニオニングが楽しめる絶好のスポットです。

バイクを乗る人なら奥多摩にツーリングに、釣りをする人は奥多摩に釣りに、そんな感じで気軽に行くことができるキャニオニングスポット奥多摩ですが、キャニオニング以外にもアウトドアの聖地なんて呼び名があるらしいですよ。奥多摩に限らず、アクティビティとはいえふざけてやると怪我をします。体験プランを上手く利用して必要な装備とガイドの指導の下、まずは川と戯れるということを楽しんでみてはいかがでしょうか。

日本もグローバル化している昨今、海外旅行も大変人気です。
しかし、旅行中思わぬ災難に見舞われる事もあります。

例えば、言葉の違う見知らぬ土地で盗難やケガなど予測されない事故に遭うとどうしていいかわからないものです。
そういう時、頼りになるのが海外旅行保険です。
海外旅行保険は、海外旅行を目的として自宅を出発してから帰着するまでの間に起こった、病気による死亡・後遺障害・治療費用・携行品損害・賠償責任など様々なトラブルによる損害を補償する保険です。

申し込みの方法は、空港の窓口でも申し込めますが、インターネットでの申込みにより保険料が割引となる商品が多くあります。
保険期間が短いとあって保険料も安く、一つ入っておくことで安心できますので旅行前に忘れずに入るようにしましょう。
只、一口に海外旅行保険といってもセットプランになったもの、カスタム制のあるものなど様々な補償が用意されています。
商品の選び方で損をする事もあり、得をする事もあります。

選び方の第一のポイントは医療にかかる補償です。
因みに海外の医療費は日本と比べるとかなり高額でなります。
又、言葉が分からない国での治療は不安なものです。
電話による通訳サービスがあれば心強いですね。
その為のサポートサービスもチェックポイントです。
万が一の病気や怪我を補償の充実度がどの位なのか検討して選びましょう。

かならず海外旅行に行くときには保険に加入しましょう。
海外に数日行くのにいちいち保険なんか入ってられるかという声もありそうですが、その根拠はなんでしょうか?
万が一になってからでは遅いのです。
クレジットカードについてる保険で十分だという人もいるでしょうが、やはりクレジットカードのおまけでついてるような海外旅行保険では不十分です。
海外旅行保険なら、旅行代理店もお勧めする海外旅行保険のエース損害保険がおススメです。
インターネットからも申し込めるので全く手間なことはありません。

ダイビングは、体験コースと言って限られた水深でインストラクターと共に潜ることも出来ます。その後、ライセンスを取得すれば、資格の種類によって潜れる深さなどが広がっていきます。

ライセンスを初めて取る人が選択する人が多いのが、PADIのオープンウォーターコースです。このコースを修了すれば、バディと共に水深18メートルまで潜ることが可能になります。
PADIというのは、ライセンスを付与する団体の一つで、国内外でメジャーな団体の一つです。国内にも、様々なショップがPADIなどの団体が提供する教材に基づいたコースを設定しています。

取得の方法には主に二種類あります。一つは、自分が住んでいる地域にあるショップを選ぶことです。これですと仕事などを特に休むことなくライセンスを取得することが出来ます。海での実習は、関東地方では伊豆などが選ばれることが多いです。
もう一つの方法として、何日か休暇をとって沖縄などで集中的に受講してライセンスを取るというものです。これですと、事前に教材を送ってもらって自習することなどでコストも時間も抑えられますし。トロピカルフィッシュやサンゴに囲まれた美しい海でライセンスを取得出来るという点が魅力です。

ダイビングをしてみたいけれどライセンスを持っていない人や、ライセンスは持っているけれど潜った本数が少ないといったダイビング初心者に特におすすめなのが、多くのダイビングショップで催行している体験コースです。
ファンダイビングよりも水深の浅い場所や、水の流れがゆっくりとした場所で行われることが多く、初心者でも安心して海中の世界を楽しむことが出来ます。

また、初心者が多いコースなので、インストラクターもゆっくりと進むことが多く、水中の生き物やサンゴを楽しむ余裕があります。
価格もファンダイビングに比べてそれほど高く設定されているわけではない場合が多いので、ライセンスを持っていても経験を積みたい場合には利用してみると良いでしょう。

目安として、中世浮力を上手く保てるようになるまではこういったコースに参加して経験を積むのがおすすめです。初心者が参加するコースですから、フィンで砂を巻き上げてしまって周囲のひんしゅくを買う心配もありません。

国内では、沖縄や八丈島、小笠原などで、初心者用のコースでも十分熱帯魚やサンゴなどを楽しむことが出来ます。特に沖縄は、日本各地からのアクセスに恵まれている観光地なので、初心者がダイビングを気軽に楽しむには最適の場所の一つです。

沖縄で海と言ったら、体験ダイビングかシュノーケリングでしょう。どっちをやっても沖縄の青い海は満喫できますが、私個人としてはシュノーケリングの方が気軽に楽しめるので、旅行の一環として組み込むならシュノーケリングをお勧めします。

青の洞窟とは、沖縄県の本島の真栄田岬にある洞窟の総称を言います。名前の由来は、洞窟の入り口から差し込んだ太陽光が、海底に反射し、洞窟内を淡い青色に照らし出すところから呼ばれるようになりました。

この洞窟は、地元でもダイビングやシュノーケリングのスポットとして人気が高い為、数多くのツアーがあります。そのため、慣れていない人や初心者用でも、専用のプランを組んでいるツアーも多く、専門のインストラクターが事前に指導をしてくれ、本番も常に付き添いをしてくれますので、初めて行う人でも安心して楽しむことができます。泳げない人でも、浮き輪を付け、インストラクターが誘導してくれるプランもあります。

ダイビングはシュノーケリングとは違い、大掛かりな装備になりますが、資格のない初心者でも潜ることはできます。どっちがいいか迷っている人はダイビングでもシュノーケルでも青の洞窟という有名なスポットにあるaoiダイビングサービスに予約して行けば、装備は一式貸してもらえるので、気軽にちょっと行って楽しむことができるのでお勧めです。

また、この洞窟は奥行きは35mととても深いですが、海底の最深部は6mと、比較的浅いことも特徴です。特に海に慣れていない初心者の人には、水深が深いとしれだけ恐怖心を抱きやすくなるため、浅い水深のほうが安心して楽しむことが出来ます。

また、洞窟のある真栄田岬は、那覇市内からでも車で1時間ほどで行けるためアクセスも良く、道順も単純なため、迷う心配もありません。なお、必要な道具に関しても全て貸し出しをしてくれるプランもありますので、手ぶらで手軽に楽しむことが出来ることも魅力の一つです。